ブランド作りはアート

久しぶりに書評です。

邦題 ジェンガ 世界で2番目に売れているゲームの果てなき挑戦

内容を拝読する限り、ジェンガを開発し、著者でもある
レスリースコットを踏まえたタイトルの方がよい気がします。
(もっと売れるでしょう)

ジェンガ開発の経緯から成功までのストーリーを開発者自身が
振り返るというもの。
このBlogでは触れていませんが、昨年末は大ヒットに繋がった商品の
書籍を読み返しました。(瞬足やレッドブル等)

この書籍で、印象に残ったものは

ブランド作りは一種のアートである
そのアートとは特徴描写である その特徴描写には相当の熟練が必要で
維持するにも相当なエネルギーが必要

という件です。

言い換えると、ブランド作りには、職人が必要で
一朝一夕に築くのは無理だということです。

ブランドを作るのに、お金で時間を買えません。
時間をかけて、商品やサービスの特徴を啓蒙し、その商品やサービスの
評判や名声を得て、さらにイメージや形容できる言葉に昇華させていく

意図をもって、ニーズを作り出していくことはできるかもしれませんが、
評判やブランドイメージは短期的には、作りだすことはできません。

WEBのコンテンツ作りでも同じようなことが当てはまります。

評判や人気が得がたいために、短期的な施策に走ると本末転倒です。
やり方として近道を探すことはあっても、
ブランド、商品、サービスの本来の特性を伝えることは必須です。

皆さんは自社の商品やサービスに自身と同じように考え、
並々ならぬ力を注いでいますか?