疾走

荒々しい日本海、水平線が見える太平洋もよいのですが、一番好きな場所はやはり瀬戸内海です。油屋熊八の有名なキャッチコピー「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」にも代表されるように春の瀬戸内海はまた格別です。海が香り、土が香り、花が香る季節に、瀬戸内海のしまなみ街道を自転車で走ってきました。暫く運動らしい運動はしていなかったので自分でも走れるか半信半疑でしたが、楽しみながら、100kmを5時間で走破することができました。たまには、頭は空にして、走ることだけに集中し、身体を動かすことも重要です。走破後は、蓄積した毒?が取り除かれ、気分爽快です。暑くなる前のこの季節に景色を楽しみながら、走ってみると、また違った発見があるかもしれません。
すばらしい資源。海外の人にも是非おススメしたい、場所です。
瀬戸内海へ出でよ!

viewpoint viewpoint2
bicycle sakura