現在、様々な企業がお客様からの質問や問い合わせをチャット形式で受け付けています。

商品やサービスを検討しているお客様にとって、簡単で気軽に、時間や場所を気にせず解決できることは大きなメリットだと言えます。

自社サイトにチャットボット機能がない場合でも活用できるFacebookのMessenger(メッセンジャー)誘導広告についてご紹介します。

【目次】

1.Messenger(メッセンジャー)誘導広告とは?

2.Messenger誘導広告の設定手順  
 ①目的の選択広告セットの設定
 ②広告の設定
 ③質問の設定

3.まとめ


1.Messenger(メッセンジャー)誘導広告とは?

Messenger(メッセンジャー)とは、通話やメールなどを無料で使えるアプリです。Facebookを使っている人はもちろん、使っていない人でもMessengerアプリを使うことができます。

Messenger誘導広告は、広告をクリックしたユーザーとMessenger上でやり取りできます。

あるユーザーが自社の広告をクリックすると、Messengerスレッドが開きます。その場でユーザーの質問に対して、返信したり、新たな情報を提供することが可能です。

(Messengerスレッドでの表示イメージ)

このようにあらかじめ設定した質問が表示されるので、ユーザーは自分に当てはまる質問をタップします。

質問に応じた回答などは広告マネージャで設定できます。

その他具体的な広告の設定方法については下記の通りです。

2. Messenger誘導広告の設定手順

①目的の選択

新規キャンペーンを作成する際に選択する目的ですが、Messenger誘導広告の場合「メッセージ」を選択することが推奨されています。

広告はMessengerのスレッドを開く可能性が高い人に配信されます。

②広告セットの設定

広告セットで「メッセージの送信手段」と「最適化と配信」をそれぞれ選択します。

その他にも、地域・年齢・性別といったターゲティングも可能ですので、Messenger誘導広告を配信したいユーザーに届くよう設定をします。

③広告の設定

広告設定でMessenger上での質問項目などを設定します。

上記1のような質問を設定したい場合は、「Messenger設定」で「スレッドを開始」を選択し、編集ボタンをクリックします。

④質問の設定

「カスタマーアクション」でよくある質問を選択すると、あらかじめ用意された質問が表示されます。

内容は変更可能で、質問は5つまで設定できます。

また、質問をタップした際に表示される自動返信の内容もこちらで設定できます。

他にも、ユーザーが選んだ内容に合わせて任意の外部ページへ遷移させることもできます。

3. まとめ

商品やサービスについて聞きたいことがあるけど、「電話するには時間や場所が限られてしまう」「メールでの問い合わせはすぐ回答がこないのではないか」と思っているお客様は多いのではないでしょうか?

現在、新型コロナウィルスの影響で外出を控えている人も多い中 、お客様の「今知りたい!」というニーズにMessengerで対応することで、来店や購入などの行動を起こすきっかけづくりになるのではないかと思います 。

著者:田代

最近書いた記事

Googleレスポンシブ検索広告でも使用可能に【広告カスタマイザの設定】

2022年6月より、Google拡張テキスト広告の作成・編集ができなくなることが発表されました。今後はより一層、レスポンシブ検索広告の有効性を高めていくことが重要となってくると考えられます。 2021年5月よりレスポンシブ検索広告でも使用可能となった「広告カス …

今後さらに注目!Googleショッピング広告とは?

2021年5月、GoogleとShopifyのパートナーシップが拡大したことが発表され、今後さらに期待されるGoogleショッピングについてご紹介します。 【目次】 1. Googleショッピングとは? 2. Googleショッピング広告とは? 3. Merc …

【2021年最新版】インスタグラムのインサイト活用法

インスタグラムのアプリ内で確認できるインサイト機能の最新情報をお伝えします。 2021年5月に新たに「リール」と「ライブ配信」のインサイトが追加されると発表されました。 改めて、インサイトを確認することで、投稿や広告配信へどのように活用していけばよいのかをまと …

WEB広告で重要!機械学習を有効的に活用する配信方法とは?

一般的にWEB広告は「短期間で効果が得やすい」と言われていますが、「短期間」とはどの程度の期間でしょうか? また、最近は各プラットフォームでも機械学習化が進んでおり、「効果が出る」までの期間も変わってきました。 今回は、弊社の事例をふまえて、Google広告で …

Facebook/Instagram広告で活用したい!ダイナミック広告とは?

2020年からおうち時間が増加し、オンラインショップを利用するユーザーも増えています。 Instagram公式Twitterからの情報によると、「ショッピングタグが付いている投稿から商品詳細を見た国内利用者」は昨年より65%増加と発表されています(https: …