2020年4月よりすべてのアカウントで配信が可能となったGoogleファインド広告ですが、これから配信を検討したい方も多いのではないでしょうか?

ファインド広告の基本情報と弊社が昨年から配信した実績についてご紹介いたします。

【目次】

  1. Googleファインド広告とは?
  2. 配信面について
  3. メリットとデメリット
  4. 配信後の効果について

1.Googleファインド広告とは?

Discover(Google Feed)、Youtube Home Feed、Gmailの広告枠に広告を配信できるディスプレイ広告サービスです。

ユーザーの検索履歴や動画視聴履歴、Webサイトの閲覧履歴などの情報に基づき、パーソナライズ化された関連性の高い広告をフィード形式で配信することが可能です。

2.配信面について

①Discover(Google Feed)

Google Discover Feed はGoogleアプリを開くと表示されます。

毎月10億人を超えると言われているアクティブユーザーが行き交うGoogle Discover Feedに広告を配信することで大幅にリーチを広げることが可能です。

Google アカウントでログインしているサービスでの行動履歴やフォローしているコンテンツに基づいて、ユーザーの関心が高いと判断された記事が表示されます。

ファインド広告は、この記事と記事の間にネイティブ広告として配信できます。

画像参照元: https://support.google.com/google-ads/answer/9904013?hl=ja&ref_topic=10307857

②YouTube Home Feed

YouTube Home Feed は YouTube のホーム画面を指します。このフィードの動画と動画の間にファインド広告が配信されます。

画像参照元: 

https://support.google.com/google-ads/answer/9176876?hl=ja

③Gmail

Google ディスプレイ広告の Gmail キャンペーンと同様に、Gmail の広告枠に対して配信されます。広告はプロモーションタブの上部に表示されます。

画像参照元: 

https://support.google.com/google-ads/answer/9176876?hl=ja

3.メリットとデメリット

【メリット】

  1. Google アカウントでログインしているサービス内での検索履歴、動画視聴履歴などのユーザー行動に基づいて、ユーザーの関心が高いと判断された広告が表示される
  2. ユーザーの意向を把握する Google 独自の技術を利用して、ユーザーがお客様の商品やサービスに関心を示して行動する可能性が高いタイミングを捉えて、より関連性が高い有益な広告を表示できる
  3. メディアでの成果目標を達成できるように自動的に単価設定ができる

【デメリット】

  1. 設定できない項目が複数存在する
    • 個別単価設定を使った入札戦略
    • モバイル デバイス ターゲティング
    •  プレースメント ターゲティング(プレースメントの除外を含む)
    • フリークエンシー キャップ
    • 広告のローテーション
    • コンテンツ ターゲット
  2. 表示回数等の結果についても、Discover(Google Feed)、Youtube Home Feed、Gmailの内訳はわからない

4.配信後の効果について

弊社運用アカウントでは、これまでディスプレイ広告を配信していたアカウントを、ファインド広告に切り替えて配信しました。

基本的な設定・ターゲティングは同じですが、クリック率は0.7%から3.2%へと大幅に上昇いたしました。

また、コンバージョン単価は¥1,700から¥400と80%抑えて獲得できております。

上記結果は、リマーケティングではなく、アフィニティカテゴリを活用したオーディエンスへの広告配信の結果です。

今後リマーケティングに頼らない広告配信を考えていかなければならない状況の中で、次の施策としてもファインド広告での配信を検証してみてはいかがでしょうか。

著者:田代

最近書いた記事

【2021年最新版】インスタグラムのインサイト活用法

インスタグラムのアプリ内で確認できるインサイト機能の最新情報をお伝えします。 2021年5月に新たに「リール」と「ライブ配信」のインサイトが追加されると発表されました。 改めて、インサイトを確認することで、投稿や広告配信へどのように活用していけばよいのかをまと …

WEB広告で重要!機械学習を有効的に活用する配信方法とは?

一般的にWEB広告は「短期間で効果が得やすい」と言われていますが、「短期間」とはどの程度の期間でしょうか? また、最近は各プラットフォームでも機械学習化が進んでおり、「効果が出る」までの期間も変わってきました。 今回は、弊社の事例をふまえて、Google広告で …

Facebook/Instagram広告で活用したい!ダイナミック広告とは?

2020年からおうち時間が増加し、オンラインショップを利用するユーザーも増えています。 Instagram公式Twitterからの情報によると、「ショッピングタグが付いている投稿から商品詳細を見た国内利用者」は昨年より65%増加と発表されています(https: …

Googleファインド広告とは?配信後の実績もご紹介

2020年4月よりすべてのアカウントで配信が可能となったGoogleファインド広告ですが、これから配信を検討したい方も多いのではないでしょうか? ファインド広告の基本情報と弊社が昨年から配信した実績についてご紹介いたします。 【目次】 Googleファインド広 …

Yahoo 新ディスプレイ広告(運用型)へ移行時の注意点とその後の効果は?

Yahoo広告が2021年春ごろをめどに、YDNの提供を終了すると発表しました(2020年8月)。これに伴い、ディスプレイ広告 運用型(以降、「運用型」と表記)がすでに提供を開始されています。 これまではサイトの誘導を中心に配信されていましたが、「運用型」では …