2022年6月より、Google拡張テキスト広告の作成・編集ができなくなることが発表されました。今後はより一層、レスポンシブ検索広告の有効性を高めていくことが重要となってくると考えられます。

2021年5月よりレスポンシブ検索広告でも使用可能となった「広告カスタマイザ」の設定方法をご紹介します。

【目次】


1.   広告カスタマイザとは?

広告カスタマイザは、キーワードの挿入カウントダウン タイマーのように、動的コンテンツを広告文に追加する機能です。

カスタマイザはテキスト広告とレスポンシブ検索広告で利用でき、広告文の全要素(URL を除く)をカスタマイズできます。

広告カスタマイザは、ユーザーの検索内容に合わせて広告をカスタマイズし、より説得力のあるものにする機能です。

これにより、広告主は少ない手間でバリエーション豊富な広告が作成できます。またユーザーの探している情報が自社サイトにあることを、広告で伝えることができ、クリックにつながりやすくなります。

2.   ビジネスデータの設定方法

設定方法は、下記2パターンあります。

  1. テンプレートファイルを活用した一括アップロード (データ量が多い場合におすすめ)
  2. 1件ずつの手動設定…今回はこちらの設定手順をご紹介します。

Google広告管理画面のツールと設定タブから、ビジネスデータを選択します。

左側メニューより「広告カスタマイザ属性」を選択します。

プラス追加ボタンをクリックして、属性とデータの種類を選択します。

例えば、複数の商品がある場合:「属性」に商品名と入力し、データの種類はテキストを選択します。 それぞれの設定詳細はこちらから確認できます。

属性の詳細を入力します。

アカウント値の鉛筆マークをクリックすると、商品名が入力できます。

アカウント値には、広告文に表示させたい、カスタマイズしたいワードを入力します。
すると、ユーザーがその商品などで登録しているワードと関連している検索語句で検索した場合、
アカウント値で設定したテキストが表示されるようになります。

3.   レスポンシブ検索広告への設定方法

広告作成画面より、カスタマイザを挿入したい部分(見出し、説明文またはパス)に、 { を入力すると、広告カスタマイザが表示されます。

アカウント値に登録したワードと、関連がない検索語句の場合、デフォルト値で設定したキーワードが表示されるため、ここでデフォルト値を入力します。

4.   結果の確認方法

実際どの検索語句がその広告カスタマイザで表示されたかまでのレポートは確認できない仕様のようです。

レスポンシブ検索広告のアセットの詳細から組み合わせレポートで
そのカスタマイザを使用した文が使われているかどうかの確認までとなります。

5.   まとめ

ユーザーの検索キーワードも日々変化していく中で、広告主の意図していないキーワードからクリックやコンバージョンにつながるケースも多くあります。

レスポンシブ検索広告と広告カスタマイザ機能をうまく組み合わせていくことで、予期していないキーワードでの検索を逃すことなく獲得していけるのではないでしょうか。

著者:田代

最近書いた記事

Instagram広告を配信するならおさえておきたい【リール動画】

Instagram広告にはフィード、発見タブ、ショップ、ストーリーズ、リールといったさまざまな配信面が用意されています。中でも縦型の没入感あふれるフルスクリーンの「ストーリーズ」と「リール」は多くのユーザーが閲覧しているので、目に留まる広告を配信していきたいと …

Googleレスポンシブ検索広告でも使用可能に【広告カスタマイザの設定】

2022年6月より、Google拡張テキスト広告の作成・編集ができなくなることが発表されました。今後はより一層、レスポンシブ検索広告の有効性を高めていくことが重要となってくると考えられます。 2021年5月よりレスポンシブ検索広告でも使用可能となった「広告カス …

今後さらに注目!Googleショッピング広告とは?

2021年5月、GoogleとShopifyのパートナーシップが拡大したことが発表され、今後さらに期待されるGoogleショッピングについてご紹介します。 【目次】 1. Googleショッピングとは? 2. Googleショッピング広告とは? 3. Merc …

【2021年最新版】インスタグラムのインサイト活用法

インスタグラムのアプリ内で確認できるインサイト機能の最新情報をお伝えします。 2021年5月に新たに「リール」と「ライブ配信」のインサイトが追加されると発表されました。 改めて、インサイトを確認することで、投稿や広告配信へどのように活用していけばよいのかをまと …

WEB広告で重要!機械学習を有効的に活用する配信方法とは?

一般的にWEB広告は「短期間で効果が得やすい」と言われていますが、「短期間」とはどの程度の期間でしょうか? また、最近は各プラットフォームでも機械学習化が進んでおり、「効果が出る」までの期間も変わってきました。 今回は、弊社の事例をふまえて、Google広告で …